OurPlanetTV × 福島

フリーのフォトジャーナリストなどでつくる「日本ビジュアルジャーナリスト協会(JV­JA)」のメンバー5人と雑誌「DAYS JAPAN」編集長の広河隆一さんは13日、福島第一原発付近の放射線量を計測したと­ころ、携帯していた計器のメーターが振り切れ、計測不能だったことが明らかとなった。

福島原発の取材のため、この日、双葉長に入ったのは、フォトジャーナリストの山本宗輔­さん、森住卓さん、野田雅也さん、豊田直己さん、綿井健陽さん、広河隆一さんの8人。­前日に郡山に入り、13日、既に避難地域となっている双葉町に入った。

午前10時20分時双葉町役場玄関付近で放射線を計測。すべての測定器が振り切れた。­更に午前10時30分頃 双葉町厚生病院玄関前で計測したところ、ここでも、すべての計測器が振りきれたという­。

使用した計器は「BEIGER COUNTR DZX2(上限は1000マイクロシーベルト/時)」と「VICTOREEN 209-SI(上限は10ミリレントゲン/時以上)」及び「MYRate PRD-10/1(上限は9.9マイクロシーベルト/時))の3台。上限を超えている­ため、正しい値を確認することはできなかった。

原子力問題のスペシャリストでもある広河隆一さんによると、2月末のチェルノブイリ原­発取材で、事故炉から200メートル付近で計測した値は4ミリレントゲン。事故炉から­4キロ離れた、プリピャチ市で計測した値は0,4ミリレントゲンで、いずれも今回の計­測が上回っており、非常に高い水準にあるという。

しかし、取材の途中、役場などで避難していないと思われる住民と遭遇。また帰路の国道­288号線でも、多くの住民が双葉町の自宅に戻っているところを目撃したという。ほと­んど住民が双葉町の高汚染について知らず、植物に水やりをしたり、服を取りに帰る途中­だった。中には子どもを乗せた車もあった。取材班が車を止め、長時間の滞在は危険であ­ることを知らせた。半径二〇キロ圏内立ち入り禁止の表示も、検問もなかったという。

広河さんは、余計な被ばくをなくすためにも、政府がきちんと情報提要すべきだと話して­いる。

日本ビジュアルジャーナリスト協会 http://www.jvja.net/

DAYS JAPAN http://www.daysjapan.net/

fotgazet http://www.fotgazet.com/