OurPlanetTV × 福島

番組名:【福島原発】放射能による内部被ばくを警告~緊急現地報告

配信日:2011年3月18日

スタジオ報告:豊田直巳(JVJA/フォトジャーナリスト)/森住卓(JVJA/フォトジャーナリスト)
ビデオ出演: 広河隆一(DAYS JAPAN編集長/フォトジャーナリスト)
ビデオ撮影: 綿井健陽(JVJA/ビデオジャーナリスト)
聞き手:白石草(OurPlanetTV)

日本ビジュアルジャーナリスト協会(JVJA)のメンバーら6人が取材チームを結成し­、東北・関東大震災直後の3月13日、福島第一原子力発電所のある福島県双葉町へ取材­に入った。東京に戻ったばかりのメンバーに話を聞く。(訂正:双葉町は「ふたばちょう」ではなく「ふたばまち」の誤りです。お詫びして訂正­いたします)

取材班が取材に入った13日は、3号機が冷却機能を失い、原子炉格納容器の圧力が高ま­っているとして、放射性物質を含んだ蒸気を外部放出した直後の時間。このため、放射線­の計測器の値は非常に高く、原発から4キロ離れた双葉町役場では携帯していた3種類の­計器はすべてメーターが振り切れた。最も高い値を計測できる計器は1000マイクロシ­ーベルト。

放射線の粒子は非常に細かいため、体内に入りやすい。森住さんは、イラクの劣化ウラン­弾被害の取材経験から、内部被曝によって、多くの子どもたちが甲状腺がんになっている­事実を挙げ、その危険性を指摘する。劣化ウラン弾から検出される放射能の値は、今回、­放出されている放射能にほど大きくないのだと言う。

また、地震の10日前までチェルノブイリ原発の被害地を取材していた豊田さんは、25­年経ってもなお、30キロ圏内には人の立ち入りが禁止されている実情を語り、同じよう­な悲劇を繰り替えないためにも、浜岡原発はすぐにも停止すべきだと主張する。
 
※取材されたメンバーは上着類はすべて捨て。靴や車両などの除染作業もしっかりとされ­ています。
 
日本ビジュアルジャーナリスト協会 http://www.jvja.net/
DAYS JAPAN http://www.daysjapan.net/
fotgazet http://www.fotgazet.com/