イベント 

上映&トーク「仮設校舎の6年を経て~南相馬市立小高中学校の記憶」

タイトル:上映&トーク「仮設校舎の6年を経て~南相馬市立小高中学校の記憶」

日程:9月16日(土)15:30開場 16:00~18:00

会場:Space&Cafe ポレポレ坐(東京都中野区東中野4-4-1 1F) TEL:03-3227-1445

原発事故によって避難を余儀なくされ、「仮設校舎」で学んだ中学生たちがいる。南相馬市立小高中学校。多くの世帯が全国各地に避難し、生徒数は事故前の3分の1に激減。生徒の大半は仮設住宅などで暮らし、バスで通学―。厳しい環境の中、仮設校舎での学校生活は6年間に及んだ。

そして今年4月、生徒たちは避難前の小高区内の本校舎に戻り、新しい生活を始めている。OurPlanet-TVは2013年春からこの小高中学校に通い、子どもたちの姿をカメラに収めてきた。それらの映像を見ながら、現校長の荒木清隆先生と、事故当時、教頭だった荒木幸子先生にお話を伺う。


<ゲスト>
荒木 清隆(福島県南相馬市立小高中学校 校長)
荒木 幸子(福島県双葉郡楢葉町立楢葉中学校 校長)

<進 行> 白石 草(OurPlanet-TV)

<料金>
予約・当日:1,500円
*三回券もご使用いただけます。(別途予約必要)

<ご予約・お問い合わせ>
TEL:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
event@polepoletimes.jp

小高中学校バーチャル仮設校舎 http://www.ourplanet-tv.org/vr/odaka.html
360°すべてを撮影するカメラ”RICOH THETA”を使い、小高中学校の子どもたちが6年間過ごしてきた仮設校舎を記録保存。誰もが「バーチャル仮設校舎」を訪れることができるよう、ウェブサイトを制作しました。原発事故により避難を余儀なくされ、仮設校舎で授業を受けた子どもたちの記憶を継承し、子どもたちの思いに少しでも多くの人に共有してもらえたらと思っています。(制作:OurPlanet-TV)

★9/29(金)~10/1(日)にii-BRIDGE(飯田橋)にて開催する特別企画・VR企画展「仮の住処を仮想体験する」では、VRゴーグルを装着してこの「バーチャル仮設校舎」を体験することができます。
http://fukushimavoice.net/2017/08/2642