イベント 

市民部門上映&トーク「わたしが伝える福島」

タイトル:市民部門上映&トーク「わたしが伝える福島」

2018年9月22日(土)18:00~20:00(17:30開場)

市民部門に寄せられた作品の中から3プログラムを上映。県外に住みながら福島に通い続ける市民制作者によるもの、高校生のときに地元で経験した震災の記録、浪江町の人々のライフストーリー。それぞれの作品の制作者をゲストに、作品に込めた想いを聞く。

————————–
  上映作品
————————–
「私が伝えたい…福島」
2018年/15分/制作:米田博
2015年より福島に通い、撮りためた写真に、福島で出会った人々の声、自らの思いを交えてスライドショーにまとめた。

「3.11~震災を風化させない~」
2011年/4分/制作:金沢朱莉
南相馬市で生まれ育ち、高校生の時に経験した震災。「とにかくこの状況を映像で残さねば」という一心で震災直後の記録を撮影した。復興が進む中で、震災が残した爪痕、哀しみを、いま伝える。

ナミエ・フリーズⅠ 浪江のライフストーリー集より
「酒井文子 震災録」「荒房子 修学旅行・結婚」

2014年/16分/制作:佐々木加奈子(浪江の記憶を守る会)
福島県浪江町の記憶を保存しようと活動する「浪江の記憶を守る会」が町民の参加者を募ってライフストーリーを記録。忘れられない思い出、人生の節目、そして、震災―。語られる個々の物語。

ゲスト: 上映作品 制作者

コメンテーター: 下村 健一(白鴎大学客員教授/元TBS報道キャスター)
1960年、東京都出まれ。85年、TBS報道アナに。99年退社後、フリーキャスターとして「サタデーずばッと」「筑紫哲也NEWS23」などで取材・出演を続ける。2010年秋から約2年半、菅・野田・安倍(初期)の3政権で内閣広報室の中枢に勤務。著書に「首相官邸で働いて初めてわかったこと」(朝日新書)「10代からの情報キャッチボール入門――使えるメディア・リテラシー」(岩波書店)仕掛け絵本「窓を広げて考えよう」(かもがわ出版)ほか多数。OurPlanet-TV副代表理事。

進 行: 平野 隆章(OurPlanet-TV)

◆日 時: 9月22日(土)18:00~20:00(17:30開場)
◆会 場: Space&Cafe ポレポレ坐(東京都中野区東中野4-4-1 1F)
      TEL:03-3227-1445
◆料 金: 予約・当日:1,500円 *三回券もご使用いただけます。(別途予約必要)
◆ご予約・お問い合わせ: ポレポレタイムス社
             TEL:03-3227-1405/event@polepoletimes.jp