イベント 

市民部門上映&トーク「わたしが伝える福島」

タイトル:市民部門上映&トーク「わたしが伝える福島」

2019年9月21日(土)18:30~20:30(18:00開場)

市民部門に寄せられたビデオの中から3作品を上映。それぞれの作品の制作者、関係者をゲストに作品に込めた想いを聞く。

————————–
  上映作品
————————–
「小さな種が繋ぐ物語―原発事故から8年 とみ子さんの想い―」
2019年/8分/制作:城島めぐみ
飯舘村から避難を余儀なくされた渡邊とみ子さんは、震災前に村の特産品として育てていた「いいたて雪っ娘かぼちゃ」の種を守るため、避難先で栽培を再開した。かぼちゃの種を繋ぐ人々の輪が日本各地に広がっていく―。2015年から現在までを記録。

「愛しのAiAi」
2018年/10分/制作:リテラシー・ラボ、広野中学校の生徒たち
福島県広野町では誰もが知っている「アイアイ」。広野中学校の生徒たちが地元の人々にカメラを向け「アイアイ」の取材を開始。「アイアイ」の思い出、被災、そしてふるさとへの思いに耳を傾ける。※平成30年度広野町「いいな広野わが町発見-ふるさと創造・映像教育プロジェクト-」完成作品

「あいまいな喪失(仮)」フッテージ上映
2019年/20分予定/制作:山田徹
「新地町の漁師たち」の山田徹監督による最新作「あいまいな喪失(仮)」から一部を特別上映。浪江町で印刷業を営んでいた渡辺家が、家の解体をきっかけに、それぞれが抱える喪失感、葛藤、不満に向き合っていく。原発事故から8年、ある家族の物語。

ゲスト: 城島めぐみ/千葉偉才也(リテラシー・ラボ)/山田徹

コメンテーター: 下村 健一(白鴎大学客員教授/元TBS報道キャスター)
1960年、東京都出まれ。85年、TBS報道アナに。99年退社後、フリーキャスターとして「サタデーずばッと」「筑紫哲也NEWS23」などで取材・出演を続ける。2010年秋から約2年半、菅・野田・安倍(初期)の3政権で内閣広報室の中枢に勤務。著書に「首相官邸で働いて初めてわかったこと」(朝日新書)「10代からの情報キャッチボール入門――使えるメディア・リテラシー」(岩波書店)仕掛け絵本「窓を広げて考えよう」(かもがわ出版)ほか多数。OurPlanet-TV副代表理事。

進 行: 平野 隆章(OurPlanet-TV)

◆日 時: 9月21日(土)18:30~20:30(18:00開場)
◆会 場: Space&Cafe ポレポレ坐(東京都中野区東中野4-4-1 1F)
◆料 金: 予約・当日:1,500円 *三回券もご使用いただけます。

<ご予約・お問い合わせ>
ポレポレ坐 TEL: 03-3227-1445/polepoleza@co.email.ne.jp