最新情報

  • 2012.9.10

    OurPlanetTV × 福島

    「移動教室」で教育を変える!~伊達市の挑戦

    東京電力福島第1原発事故による放射能汚染に苦しむ福島県伊達市。放射線量が年間20­ミリシーベルトを超えるおそれのある特定避難勧奨地点も点在する。その伊達市が、今年­5月から、小学校5~6年の小学生を対象に、教育の場を一時的に県外に置く「移動…続きを読む

  • 2012.9.06

    OurPlanetTV × 福島

    Fotgazet通信・「東電の隠蔽体質は変わらない」原発作業員

    毎月1回程度お伝えしている「Fotgazet通信」。今回は、去年3月から継続的に­お話を伺っている作業員Tさんに話を聞いた。Tさんが登場するのは、去年の10月末以­来、約10ヶ月ぶり。今回は、現在、東京電力で公開されている福島原発事故直後に…続きを読む

  • 2012.7.10

    ふくしまのこえストーリーふくしまのこえ

    ヒナンのキモチ

    2011年3月11日の東日本大震災後に起こった福島第一原発事故。政府は、避難区域­を原子力発電所から半径20キロメートル圏内と定めた。しかし、ネットなどでさまざま­な情報が流れ、避難区域外の住民も不安に包まれた。混乱状況の中、自らの決断で"…続きを読む

  • 2012.6.20

    OurPlanetTV × 福島

    役場機能移転「年1ミリ以下」で~双葉町長が苦渋の決断

    東京電力福島第一原発事故で、埼玉県加須市に役場機能を置いている福島県双葉町の6月­定例議会最終日、井戸川克隆町長に対する不信任決議案が提出され、採決の結果否決され­た。   不信任決議案を提出した菅野博紀町議会議員は、「役場機能の移転に…続きを読む

  • 2012.4.19

    OurPlanetTV × 福島

    Fotgazet通信・瓦礫に群がる震災ビジネス~広域処理の裏側

    全国で問題となっている震災がれきの広域処理。野田総理大臣は4月16日、がれきが震­災復興の妨げになっているとして、地方自治体の知事や市長に対して、改めてがれきを受­け入れて欲しいと要請した。しかし、全国では今、震災がれきに放射性物質が含まれ…続きを読む

  • 2012.4.19

    OurPlanetTV × 福島

    徹底検証!テレビは原発事故をどう伝えたか?後半

    福島原発事故の発生直後、果たしてテレビはどのような報道をしていたのか?専門家はス­タジで何を話していたのか?311直後のテレビを見続け、分析してきた研究者やジャー­ナリストらが徹底検証する。後半は、放射能による被曝リスクをどう伝えたのか?(…続きを読む

  • 2012.4.19

    OurPlanetTV × 福島

    徹底検証!テレビは原発事故をどう伝えたか?前半

    福島原発事故から1年が経った。政府の事故調査委員会や民間事故調、国会事故調と、3­つの調査委員会によって、事故直後の東電や政府の対応が徐々に明らかになってきている­。では、その当時、果たしてテレビはどのような役割を果たしていたのか? 311…続きを読む

  • 2012.4.04

    ふくしまのこえストーリーふくしまのこえ

    福島市、飯舘村、本宮市から見沼の畑へ~見沼の炉辺から、福島を想う

    2012年3月18日、福島市から中野瑞枝さん、飯舘村から安齋徹さん、阿部久美子さ­ん・百恵さん、本宮市から西本豊さんの五人が埼玉県さいたま市にある見沼田んぼ福祉農­園を訪れ、農作業や薪集め、調理などを通して、この日集まった人たちと触れ合い、…続きを読む

  • 2012.3.12

    OurPlanetTV × 福島

    「追悼と怒り」1万人が国会を取り囲む

    東日本大震災から1年となった3月11日、国内外各所で追悼集会や脱原発デモ、シンポ­ジウムなどが開かれた。東京の日比谷公園には、約1万4000人(主催者発表)が集ま­り、地震が起きた午後2時46分に参加者が黙祷をささげた。午後3時からは、「脱…続きを読む

  • 2012.3.01

    OurPlanetTV × 福島

    避難者同士でつながり、支えあう~福島と全国をつなぐ拠点が誕生!

    福島原発事故からまもなく1年。小さな子どもを持つ世帯を中心に、福島県から県外に自­主的な避難をしている人は推計で2万人程度に達すと見られている。しかし、政府が、避­難に対する十分な政策を打ち出さない中、自主避難者は、それぞれ個人の判断で避難…続きを読む