最新情報

  • 2015.8.18

    ふくしまのこえストーリーふくしまのこえ

    ミンストレルプロジェクト

    弘前市で行われた、脱原発弘前映画祭で、主催者側よりライブの時間をいただいたので、自作の歌とお話と絵をまじえて、ギターとアイパッドとアイフォンを使ってスクリーンで紙芝居をやらせていただいた時の作品です。よりわかりやすく、福島の事故を皆さんにお…続きを読む

  • 2015.8.18

    ふくしまのこえストーリーふくしまのこえ

    ミンストレルソング 吟遊詩人の歌 -花をうえましょう-

    核燃サイクルに反対している女性の半生を描いた、紙芝居と語りと歌をまじえた作品です­。お話と歌と絵をまじえて、スクリーンにアイフォンとアイパッドを使って投影した紙芝居の作品です。内容は、六ヶ所村の菊川慶子さんの半生と、原発事故と、菊川さんの村…続きを読む

  • 2015.8.17

    映像祭情報

    福島映像祭2015 上映プログラム&イベント決定!

    福島映像祭2015の上映作品、イベントが決定しました!まずはラインナップをご確認ください。作品紹介やイベント詳細は後日サイトに掲載します。 ★映画上映作品(会場:ポレポレ東中野) 『福島 生きものの記録 シリーズ3~拡散』(…続きを読む

  • 2015.8.13

    OurPlanetTV × 福島

    フクシマからヒロシマへ〜70年目の旅

    8月6日の原爆の日、原爆ドームの前には、福島の人たちの姿があった。「フクシマ meets ヒロシマ」ツアーに参加した人たちだ。旅を呼びかけたのは、黒田レオンさん。6才のとき、爆心地から2キロにあった自宅で被爆した。   3つの原発が同時…続きを読む

  • 2015.7.01

    映像祭情報

    福島映像祭2015【市民部門】作品公募

    多様な映像を通して原発事故後の社会を映し出そうと、昨年から開催している「福島映像祭」。この映像祭は、長編映画だけでなく、国内外のテレビ番組、一般市民による生活の記録まであらゆる映像を集め、福島の「今」を多角的な視点から浮き彫りにすることが狙…続きを読む

  • 2014.12.13

    OurPlanetTV × 福島

    問われる「放射性廃棄物の行方」~揺れる名水の町・塩谷町

    栃木県北部の塩谷郡塩谷町は人口わずか1万2000人の小さな町である。今、町に「最終処分場はいらない」との看板が至ところに立てられている。福島第一原発事故により発生した放射性廃棄物。その最終処分場候補地となった栃木県の塩谷町を取材した。…続きを読む

  • 2014.10.08

    メディア掲載情報

    毎日新聞に掲載されました

    2014年10月4日の毎日新聞・大阪版夕刊(2面)にて、福島映像祭2014で行ったイベント、トークセッション「風化する原発事故〜テレビの限界と挑戦」の当日の様子が紹介されました。…続きを読む

  • 2014.10.01

    ふくしまのこえストーリーふくしまのこえ

    4年目のホットスポット~通学路編~

    福島県郡山市の除染が行われた「通学路」の、モニタリングポストの数値は0.3マイク­ロシーベルト以下。しかし測定を行うと、その「5倍~10倍」の数値が測定された。除­染を終えた場所でも、泥がたまり局所的に線量が高くなる、マイクロホットスポット…続きを読む

  • 2014.9.25

    メディア掲載情報

    シネマトゥデイに掲載されました

    2014年9月23日配信のシネマトゥデイにて、9月23日「無知の知」プレミア上映の際に行った石田朝也監督と元・内閣官房副長官で現・民主党政調会長、福山哲郎氏のトークショーの模様をご紹介いただきました。 <シネマトゥデイ>「吉田調書」と…続きを読む

  • 2014.9.20

    メディア掲載情報

    東京新聞に掲載されました

    2014年9月20日の東京新聞にて、福島映像祭2014が紹介されました。 東京新聞:考えよう 福島の今 東京・中野 きょうから映像祭 http://www.tokyo-np.co.jp/article/metropolitan/20…続きを読む